スコープによるリソースのフィルタリング

スコープを作成したら、そのスコープに割り当てられているリソースのみを表示するためにスコープを使用できます。

ログインしているユーザーのパーミッションがスコープによってすべて制限される場合、このフィルターのデフォルト設定は、スコープ内のすべてのリソースです。この設定を使用すると、マスターウィンドウの表示は、これらのスコープ内のリソースに制限されます。

ログインしているユーザーのパーミッションがスコープによって制限されない場合、デフォルトのフィルター設定はすべてのリソースです。

例えば、ユーザーに2つのアクティブなパーミッション(サーバー管理者、本番環境)と(ネットワーク管理者、テスト)がある場合、スコープフィルターはデフォルトでスコープ内のすべてのリソースに設定され、本番環境スコープとテストスコープの両方のリソースが表示されます。(ネットワーク管理者、テスト)ユーザーパーミッションが無効の場合、スコープフィルターはそのままデフォルトでスコープ内のすべてのリソースに設定されますが、本番環境スコープのリソースのみが表示されます。

ユーザーにアクティブなパーミッション(サーバー管理者、すべてのリソース)がある場合、スコープフィルターはデフォルトですべてのリソースに設定されます。

スコープ制限のないインフラストラクチャ管理者は、スコープによるユーザーインターフェイス読み取りアクセスを制限オプションを有効にして、スコープで制限されたユーザーがスコープ外のリソースを表示するのを防ぐことができます。スコープで制限されたユーザーは、役割で定義され、スコープによって制限されます。

手順
  1. フィルターサイドバーで、スコープフィルターを確認します。
    注記:

    一部のリソースカテゴリではスコープに割り当てることができません。これらのカテゴリでは、リソース画面にスコープフィルターが表示されません。スコープに割り当てることができるリソースのリストと、スコープに割り当てることができないカテゴリの処理の詳細については、「スコープ」を参照してください。

  2. スコープフィルターからアイテムを選択するには、次の手順を実行します。
    • スコープフィルターからスコープタイプを選択します。リソース画面では、そのスコープに割り当てられているリソースだけが表示されます。

    • リソースが割り当てられているスコープとは関係なく、すべてのリソースを表示するには、すべてのリソースを選択します。

    • ユーザーのパーミッションがすべてスコープによって制限されている場合、スコープ内のすべてのリソースを選択します。

    注記:
    • 2つ以上のスコープを選択した場合、スコープフィルターのすべてまたは任意の設定を使用してフィルタリングを制御することができます。選択したすべてのスコープ内のリソースのみを表示するには、すべて設定を選択します。選択したいずれかのスコープ内のリソースを表示するには、任意設定を選択します。
    • スコープフィルターから複数のスコープを選択できます。各フィルターはリソース表示を累積的に制限します。
    • すべてのリソース設定は、スコープによるフィルタリングを無効にします。