製品の改善の有効化または無効化

製品の継続的な改善の一環として、匿名ユーザーインターフェイスの使用データがGoogleアナリティクス経由で送信されます。このデータにより、Hewlett Packard Enterpriseは製品がどのように使用されているかを知ることができ、今後の投資の決定に役立ちます。製品の改善に関する決定は、顧客、現場、カスタマーサポート担当者、および解析データから直接収集する使用データの影響を受けます。お客様がこのプログラムに参加することで、データのバランスが確保され、お客様の使用パターンが反映されます。Hewlett Packard Enterpriseでは、個人情報を収集しません。

このオプションは、デフォルトで有効になっています。

注記:

ほとんどのブラウザーのアドブロッカーは、Googleアナリティクスをブロックするか、ブロックするように構成できます。また、Googleアナリティクスオプトアウトブラウザーアドオンをインストールすると、解析データが収集されなくなります。これらのいずれかの方法が使用されている場合、製品の改善設定に関係なく分析機能はブロックされます。

前提条件

権限:インフラストラクチャ管理者

手順
  1. メインメニューから設定を選択します。
  2. セキュリティをクリックします。
  3. セキュリティドロップダウンリストから製品の改善を選択するか、アクション > 製品の改善の順にクリックします。
  4. [製品の改善]オプションを有効または無効に設定します。