サポートダンプファイル

サポートダンプには、ホスト名、IPアドレス、およびアプライアンスの監査ログのような、カスタマーの個人データが含まれています。その他の指定をしない限り、サポートダンプファイル内のすべてのデータは、認定テクニカルサポート担当者だけがアクセスできるように暗号化されます。

サポートダンプファイルを暗号化しないよう選択できるのは、インフラストラクチャ管理者のみです。このオプションは、社内に認定テクニカルサポート担当者がいる場合や、ご使用の環境で外部接続が禁止されている場合に便利です。また、サポートダンプファイルの内容を検証して、環境で極秘と考えられるデータが含まれていないことを確認することもできます。

アドバンストオプションを使用して、サポートダンプの作成中にサポートダンプログの選択をカスタマイズします。サポートダンプログの選択をカスタマイズすると、コレクションのサイズが小さくなり、その結果、コレクションの作成とダウンロードにかかる時間を短縮できます。
注記:

Hewlett Packard Enterpriseでは、認定テクニカルサポート担当者のサポートを利用して、サポートダンプログの選択をカスタマイズすることをお勧めします。

アプライアンスのサポートダンプを作成して、分析のために認定テクニカルサポートに送信することを勧めるメッセージが表示される場合があります。サポートダンププロセスでは、以下の機能が実行されます。

  • 以前のサポートダンプファイルを削除する

  • デバッグに必要なログやその他の情報を収集する

  • 次の形式の名前が付いた圧縮ファイルを作成する

    hostname-identifiertimestamp.sdmp

    ここで、UIから作成されたサポートダンプファイルの場合、identifierCI(アプライアンスサポートダンプを示す)とLE(論理エンクロージャーサポートダンプを示す)のいずれかです。

重要:

アプライアンスがエラー状態のときは、アプライアンスエラー画面が表示されます。だれもが暗号化サポートダンプファイルをその画面から、ログインや他の認証を必要とせずに作成できます。

サポートダンプファイルには次の内容が含まれます。

  • オペレーティングシステムログ

  • 製品ログ

  • 特定のオペレーティングシステムと製品関連のコマンドの結果

サポートダンプファイルに記録される項目は、UTC時刻に従って記録されます。

詳細情報