サポートダンプファイルの作成

アプライアンスのみ、または論理エンクロージャーとアプライアンスのサポートダンプファイルを作成するには、この手順を使用します。サポートダンプデータをダウンロード可能なファイルに収集します。

前提条件
  • 権限:ネットワーク管理者、サーバー管理者、インフラストラクチャ管理者、バックアップ管理者、読み取り専用

    注記:

    インフラストラクチャ管理者だけが、サポートダンプファイルを暗号化しないことを選択できます。別の役割を持つユーザーが作成する場合、サポートダンプファイルは自動的に暗号化されます。

手順
  1. アプライアンスのサポートダンプファイルでは、次のいずれかを実行します。
    1. メインメニューで設定をクリックして、アプライアンスパネルでサポートダンプの作成をクリックします。
    2. メインメニューで設定をクリックし、アプライアンスをクリックして、アクション > サポートダンプの作成の順に選択します。
  2. 論理エンクロージャーサポートダンプを作成します。
    1. メインメニューで論理エンクロージャーをクリックし、アクション > 論理エンクロージャーのサポートダンプの作成を選択します。
  3. インフラストラクチャ管理者の場合は、サポートダンプファイルを暗号化するかどうかを選択します。
    1. サポートダンプファイルを暗号化するには、サポートダンプの暗号化を有効チェックボックスが選択されていることを確認します。
    2. 暗号化を無効にするには、サポートダンプの暗号化を有効チェックボックスをクリアします。
  4. プレビューダンプファイルを作成するには、サポートダンププレビューを有効チェックボックスをオンにします。

    サポートダンプのプレビューは、サポートダンプの前に別のファイルとしてダウンロードされます。

  5. サポートダンプログの選択をカスタマイズするには、認定テクニカルサポート担当者に相談し、アドバンストチェックボックスを選択してダウンロードするログのタイプを選択します。
  6. はい、作成しますをクリックします。

    サポートダンプファイルの作成中は、他のタスクの実行を続行できます。

  7. このタスクが完了すると、サポートダンプファイルがダウンロードされます。ブラウザーの設定でデフォルトのダウンロードフォルダーが指定されている場合、サポートダンプファイルはそのフォルダーに配置されます。指定されていない場合は、ファイルのダウンロード先を指定するように求められます。
  8. サポートダンプファイル(および有効な場合、プレビューダンプファイル)が正しいフォルダーに保存されたことを確認します。

    サポートダンプファイルは、ファイル名を<hostname-identifier-timestamp.sdmp>としてダウンロードします。プレビューダンプファイルは、ダンプファイル名の末尾に「_preview」を付加して(<hostname-identifier—timestamp_preview.sdmp>)ダウンロードします。

  9. サポートダンプファイルをHewlett Packard Enterpriseに送信する手順については、認定テクニカルサポートにお問い合わせください。

重要:

特に指定しない限り、サポートダンプファイルは、認定テクニカルサポートだけがその内容を表示できるように暗号化されます。

Hewlett Packard Enterpriseデータ保管ポリシーでは、送信されたすべてのサポートダンプファイルを使用後に削除することが義務付けられています。

詳細情報