World Wide Name

World Wide Name(WWN)は、ネットワークに接続されたストレージデバイスに割り当てられる一意の識別子です。WWNは、128~1,048,576個の要素から構成されるプールで生成されます。デフォルトでは、アプライアンスには1,000,000個のWWNがあります。

[編集]画面で、デフォルトでは、仮想アドレスと識別子が有効になっているため、仮想アドレスと識別子を使用してサーバープロファイルが構成されます。

次のタイプのアドレスを割り当てることができます。
  • 生成済み:アプライアンスのセットアップ時に割り当てられます。
  • カスタム:開始アドレスと終了アドレスを定義します。
各タイプのプールは、複数の自動生成プールとカスタムプールのように、複数存在していてもかまいません。
注記:
  • 仮想のアドレスまたは識別子を1つ以上有効にすると、新しく作成するサーバープロファイルでそれらを使用可能になります。仮想アドレスを無効にすると、サーバープロファイルは物理アドレスおよび識別子のみを使用できます。

    有効にされたプールの範囲が少なくとも1つ存在しなければなりません。

  • 仮想のアドレスまたは識別子を有効にすると、定義済みの範囲が選択されます。定義済みの範囲は広く、異なる領域内で作成されるプロファイル間の競合を防止するため、ランダムに生成されます。
  • プール内の開始アドレスの場合、仮想アドレスまたは識別子を有効にすると、定義済みの範囲が選択されます。定義済みの範囲は広く、異なる領域内で作成されるプロファイル間の競合を防止するため、ランダムに生成されます。

    IEEE標準WWNがWWNプールに使用されます。10:00がローカル管理されるユニキャストMACアドレスの先頭に付いており、WWNの最初の4つの16進数は1000、6番目の16進数は2、6、A、またはEです。

    例:
    • 10:00:5E:1B:6C:80:00:00 – 10:00:5E:1B:6C:80:0F:FFは、有効な4096のWWNの範囲です。
    • 10:00:55:1B:6C:80:00:00 – 10:00:55:1B:6C:80:0F:FFは、無効な4096のWWNの範囲です。
  • プール内の終了アドレスの場合、WWNアドレスのカスタム範囲の2番目の16進数は、ローカルで引き続き一意にするために2、6、A、またはEである必要があります。

アドレスのプールを削除し、使用できないようにすることができます。カウント残りに等しくなると、削除オプション(X)が表示されます。

自動生成の追加ボタンでは100万個の識別子のプールが生成されます。このボタンは編集時にのみ使用できます。カスタム範囲の追加ボタンではユーザーが指定した識別子のプールが生成されます。このボタンは編集時にのみ使用できます。

詳細情報