セキュリティ設定

セキュリティの設定を使用すると、次のことが可能です。

  • 暗号化モードを編集して、アプライアンスがFIPS(Federal Information Processing Standards)またはCommercial National Security Algorithm(CNSA)標準に準拠するように構成します。これらのモードでは、アプライアンスは、強力な通信プロトコルバージョンおよび暗号、保管時のデータの強力な暗号化、強力なデジタル証明書のみを使用します。

  • Two-factor認証を構成します。

  • 証明機関による認証が必要とされていないか、利用できない場合は、自己署名証明書を生成します。

  • 公開キーの信頼性を確立し、認証機関を通してそれらを検証する証明書の証明書署名リクエスト(CSR)を生成します。

  • 証明書の設定を表示します。

  • Hewlett Packard Enterprise公開キーをインストールし、HPE OneViewアップデートプロセスの一部として配布されたファイルの信頼性と整合性を検証します。キーが期限切れになっているか取り消されている場合は、https://www.hpe.comから最新のキーをダウンロードし、それをアプライアンスにアップロードできます。

詳細情報