SNMPトラップ宛先の追加または編集

トラップ宛先は、アプライアンスが管理対象デバイスから受信したトラップを転送するシステムのIPアドレスまたはホスト名です。トラップ宛先は、IPv4アドレスとIPv6アドレスの両方をサポートします。

宛先の1~65,535の範囲のポート番号は、SNMPトラップを受信するように構成されています。

前提条件

権限:インフラストラクチャ管理者

手順
  1. メインメニューから設定を選択します。
  2. SNMPパネルで編集をクリックします。
  3. 以下のいずれかを実行します。
    • 新しいトラップを追加するには、トラップ宛先の追加をクリックします。

    • 既存のトラップを編集するには、一覧表示されるトラップの宛先の横にあるをクリックします。

  4. すべての詳細をトラップ宛先の追加ダイアログボックスに入力します。

    トラップ形式の宛先に基づいて、SNMPv1トラップ形式ならコミュニティ文字列、SNMPv3トラップ形式ならSNMPv3ユーザー名を指定します。

  5. 追加をクリックして、別のトラップ宛先を追加します。
  6. OKをクリックして、アプライアンスのSNMP設定をアップデートします。
  7. SNMPパネルで変更を確認します。

詳細情報