認証の設定

セキュリティは、ユーザー認証および役割ベースの承認によって管理されます。ユーザーアカウントは、ローカルユーザーを使用してユーザー認証情報をアプライアンスに保存するか、ほかの場所にホスティングされているディレクトリ(Microsoft Active Directoryなど)に置いて、アプライアンスが指定されたディレクトリサーバーに問い合わせてユーザー認証情報を確認することができます。

各ユーザーは、アプライアンスにログインするときに、ユーザー名とパスワードを確認する認証ディレクトリサービスによって認証されます。認証設定パネルを使用して、アプライアンスの認証設定を構成します。アプライアンスには、初期セットアップ時にデフォルト値が設定されます。

認証について詳しくは、次を参照してください。

認証の設定を表示または変更するには、インフラストラクチャ管理者の権限でログインします。ほかのユーザーは、これらの設定の変更または表示を許可されていません。

認証の設定メニューを表示してアクセスするには、設定 > セキュリティ > 認証の順に選択します。

詳細情報