証明書を信頼

iLOやリモートサーバーなどの管理対象デバイスを追加する場合に、その管理対象デバイスまたはリモートサーバーにSSL証明書が関連付けられていると、そのSSL証明書が取得されてダイアログボックスに表示されます。

Hewlett Packard Enterpriseでは、自己署名証明書を商用の署名済みCA証明書に置き換えることをお勧めします。

前提条件
  • CAルートまたは中間証明書を信頼するには:インフラストラクチャ管理者権限。

  • 管理対象デバイスの追加。

手順
取得された証明書の詳細を確認し、はい、信頼しますをクリックします。
次のいずれかの条件を満たす場合、証明書を信頼します。
  • 自己署名証明書。アプライアンスに以前インポートしています。

  • CA署名付き証明書と証明書に署名したCAは、アプライアンスに以前インポートしています。

証明書がアプライアンスのトラストストアに追加されます。これ以降、管理対象デバイス/リモートサーバーへのHPE OneViewからの通信のすべてでこの信頼済みの証明書が使用されます。スクリプティングユーザーは、REST APIから同じ機能を利用できます。