HPE StoreVirtualストレージシステム

ボリュームタイプ

StoreVirtualストレージボリュームには、次の2種類があります。
ターゲットごとに1つのLUN(SLPT)

SLPTボリュームではサーバープロファイルにLUN 0が割り当てられており、アタッチメントパスのターゲットはストレージシステム上の明示的なボリュームを指定します。

ターゲットごとに複数のLUN(MLPT)

それぞれのMLPTボリュームでは、サーバープロファイルに一意のLUN値が割り当てられています。

ストレージプール

StoreVirtualストレージシステムには、ストレージシステムと同じ名前を持つ1つのストレージプールがあります。