HPE OneViewでのトラブルシューティングの基本的な手法

HPE OneViewには、問題の解決に使用できるさまざまなトラブルシューティングツールがあります。画面とログを調査するという複合的なアプローチに従うことで、アクティビティと発生したエラーの履歴を取得できます。

  • アクティビティ画面には、ユーザーによるものかアプライアンスによるものかに関わらず、アプライアンスに対して行われたすべての変更のログが表示されます。これは監査ログに似ていますが、内容はより詳細で、UIから簡単にアクセスできます。

    アクティビティ画面には、ヘルスアラートおよびステータス通知のログも表示されます。

  • 監査ログをダウンロードすると、システムに対して行われたセキュリティ関連の処置を把握するために役立ちます。

    詳しくは、HPE OneViewのオンラインヘルプのセクション「設定:セキュリティ」を参照してください。

  • サポートダンプファイルを作成は、デバッグに必要なログなどの情報を収集し、分析のために認定テクニカルサポートに送信できる暗号化された圧縮ファイルにまとめます。
  • インターコネクト、サーバー、およびエンクロージャーのステータスのレポートを確認します。レポートはインベントリ情報も提供でき、データセンター内のプロセッサーとサーバーモデルの種類も確認できます。アップデートが必要なファームウェアを表示することもできます。

注記:

UIが利用できない場合は、トラブルシューティングにMaintenance Consoleを使用できます。

推奨事項

説明

メッセージを探す

構文エラーについて:

  • 値を入力すると、ユーザーインターフェイスにより構文がチェックされます。構文エラーがあると、エントリーの横に説明のメッセージが表示されます。正しい値が入力されるまで、ユーザーインターフェイスまたはコマンドラインには引き続きメッセージが表示されます。

ネットワークのセットアップエラーについて:

  • それらを適用する前に、アプライアンスが、IPアドレスや完全修飾ドメイン名(FQDN)のような重要なネットワークパラメーターを検証して、それらの形式が適切かどうか確認します。

  • ネットワーク設定が適用された後、アプライアンスは、到達可能性チェックやホスト名からのIPのルックアップなどのその他の検証を実行します。パラメーターが正しくない場合、アプライアンスはネットワークインターフェイスカード(NIC)に対する検証エラーを示すアラートを生成し、ブラウザーとの間の接続は失われる可能性があります。

報告された重大なエラーについて:

アクティビティ画面を調査する

アクティビティについてのメッセージを見つけるには:

注記:

仮想コンソールから以下の手順を実行する必要がある場合があります。

  1. ステータスがクリティカルまたは警告の最新のアクティビティを見つけます。

    アクティビティの絞り込み

  2. アクティビティを展開して、エラーの解決方法の推奨処置を表示します。

  3. 指示に従ってください。

アプライアンスの仮想マシンを調査する

VMホストがダウンしている、または応答しない場合:

  1. ローカルコンピューターからpingコマンドを使用して、アプライアンスに到達できるかどうかを確認します。

  2. ハイパーバイザーにログオンして、そのハイパーバイザーが実行中であることを確認します。

  3. アプライアンスの仮想ゲストが稼働中であることを確認します。

  4. VMホストの構成が有効であることを確認します。

    VMホストのIPアドレスとその他のネットワークパラメーターの正確さを確認します。

  5. 管理コンソールから、アプライアンスのネットワーク設定が正確であることを確認します。

    アプライアンスネットワーク設定

  6. ハイパーバイザーのパフォーマンスデータを調べます。アプライアンスが100%の稼働率で稼働中の場合は、ハイパーバイザーを再起動します。

詳細情報