Pause Flood状態がFlex-10またはFlex-20物理ダウンリンクポートで検出された

症状

物理ポートに関連付けられているすべてのFlex-10またはFlex-20論理ポートが無効になっている。

原因

Pause Flood保護が有効な場合、サーバーダウンリンクポートのPause Flood状態が検出され、そのポートが無効になります。ポートは、管理アクションが行われるまで無効のままになります。

アクション
  1. 連続した休止生成の原因となっているサーバー上のNICの問題を解決します。これには、NICファームウェアおよびデバイスドライバーのアップデートが含まれる場合があります。

    休止フラッド状態の原因がNICファームウェア内にある場合は、サーバーを再起動しても休止フラッド状態がクリアされないことがあります。この場合、サーバーを電源から完全に切り離して、NICファームウェアをリセットする必要があります。

  2. メインメニューから、ネットワーク > インターコネクトを選択します。
  3. マスターウィンドウで、ループおよびPause Flood保護をリセットするインターコネクトを選択します。
  4. アクション > ループおよびPause Flood保護のリセットを選択し、無効になっているポートを再度有効にします。