割り当てられたサーバープロファイルがあるサーバーの交換

症状

サーバーハードウェアの障害

原因

サーバーハードウェアで障害が発生し、交換する必要があります。

アクション
  1. 正常にサーバーハードウェアをシャットダウンします。
  2. 元のサーバーを取り外し、交換用のサーバーを設置します。
  3. 交換用のサーバーのサーバーハードウェアタイプが元のサーバーのサーバーハードウェアタイプに一致する場合は、以下を行います。
    1. プロファイルで定義されているアフィニティがデバイスベイに設定されている場合、サーバープロファイルは新しいサーバーに自動的に再割り当てされます。ステップ5に進んでください。

    2. アフィニティがデバイスベイ + サーバーハードウェアに設定されている場合は、サーバープロファイルを編集し、再保存して、アプライアンスが新しいサーバーのプロファイルを再構成できるようにする必要があります。サーバープロファイルの変更は必要ありません。ステップ5に進んでください。

  4. 交換用のサーバーのサーバーハードウェアタイプが元のサーバーのサーバーハードウェアタイプと一致しない場合は、交換用のサーバーのサーバーハードウェアタイプと一致する新しいプロファイルを作成する必要があります。サーバーに割り当てられている元のプロファイルを割り当て解除または削除し、新しいプロファイルを交換用のサーバーに割り当てる必要があります。または、サーバーハードウェアのタイプをアップデートして、挿入されたハードウェアに一致させる必要があります。
  5. iLOファームウェアバージョンが必要な最小ファームウェアバージョン以上の場合は手順6に進みます。iLOファームウェアの最小バージョンは、HPE OneViewサポートマトリックスに記載されています。交換用のサーバーのiLOファームウェアバージョンが必要な最小ファームウェアバージョンより小さい場合は、サーバーハードウェア画面に警告が表示され、サーバーステータスが非管理/サポートされていないファームウェアになります。
    1. アクション > iLOファームウェアのアップデートの順に選択します。

    2. OKをクリックします。

  6. iLOファームウェアバージョンがベースラインとは異なり、サーバープロファイルがGen8サーバー以降に割り当てられている場合は、サーバープロファイルの再割り当てによってiLOサーバーファームウェアを自動的にアップデートできます。
    1. メインメニューから、サーバー > サーバープロファイルを選択し、編集するサーバープロファイルを選択します。

    2. アクション > 編集の順に選択します。必要な場合は、適切なサーバーハードウェアを選択します。

    3. ファームウェアアップデートを手動で管理するには、ファームウェアベースラインリストから、手動で管理を選択します。

    4. ファームウェアを自動的にアップデートするには、適切なファームウェアベースラインを選択します。強制的にファームウェアをインストールするには、強制的にインストールを選択します。

    5. OKをクリックします。

    ファームウェアバージョンがベースラインとは異なり、サーバープロファイルがG7サーバーに割り当てられている場合は、アプライアンスの外部でファームウェアをアップデートする必要があります。