ゾーン操作がCisco SANマネージャーで失敗する

症状

Cisco SANマネージャーでのゾーン操作が失敗する。

原因

snmpdサービスがクラッシュした。

SANマネージャーソフトウェアのSANマネージャーログを見て、snmpdサービスがクラッシュしたことを確認してください。snmpdサービスがクラッシュする原因の1つは、SANマネージャーのファームウェアが古いためです。

アクション

SANマネージャーのファームウェアを最新バージョンにアップデートする

  1. SANマネージャーのファームウェアをアップデートする際は、メーカーの指示に従ってください。
  2. ゾーン操作をアプライアンス上で再度試してください。