管理者パスワードのリセット

管理者パスワードをなくしたり、忘れてしまった場合は、次の操作を使用してパスワードをリセットします。この操作によって、ローカルの管理者アカウントにシングルユースパスワードを設定できます。

注記:

この操作は、アプライアンス上のローカル管理者アカウントのパスワードをリセットします。ディレクトリサービスによって認証された管理者アカウントには適用されません。

アプライアンスコンソールからMaintenance Consoleにアクセスし、一意のリクエストコードにアクセスして、認定サポート担当者に電話をする必要があります。担当者は情報の検証後に認証コードを送信します。

手順
  1. アプライアンスのコンソールにアクセスします。
  2. Maintenance Consoleのメインメニューにアクセスします。
  3. Reset passwordを選択します。

    Maintenance Consoleにリクエストコードが表示されます。

    重要:

    リクエストコードは、Maintenance ConsoleのReset administrator password画面を使用している間のみ有効です。メインメニューに戻ったり、Maintenance Consoleセッションを終了したりした場合に、リクエストコードは無効になります。新しいリクエストコードを取得するには、再度この手順をやりなおす必要があります。

  4. 認定サポート担当者に電話して、担当者に以下の情報を提供します。
    • パスワードのリセットを要求する人の名前。

    • アプライアンスを所有する会社の名前。

    • Maintenance Consoleからのリクエストコード。

    認定サポート担当者は、情報を検証してから、ファイル上の認定されたメールアドレスにメッセージを送信します。このメッセージには、レスポンスコードとも呼ばれる認証コードが含まれます。認証コードでもあるISOイメージがメッセージに添付されます。

  5. レスポンスフィールドに認証コードを入力するには、以下のいずれかを実行します。
    重要:

    1時間内に認証コードを入力する必要があります。入力しないと、このコードは無効になります。

    1. Maintenance Consoleに情報を貼り付けることができる場合、電子メールのメッセージから認証コードをコピーし、Maintenance Consoleのレスポンスフィールドに貼り付けます。
    2. 以下の操作を実行して、ISOイメージから認証コードを読み取ります。
      • 電子メールメッセージに添付されているISOイメージを保存します。

      • ISOイメージを仮想メディアマウント(仮想CD-ROM)としてマウントします。

      • Maintenance ConsoleでRead from ISOを選択します。

      • Maintenance ConsoleはISOイメージを読み取り、しばらくすると、自動的にレスポンスフィールドに認証コードが入力されます。

    3. レスポンスフィールドに認証コードを入力します。
  6. シングルユースの管理者パスワードを決定します。
  7. プロンプトが表示されたら、新しいパスワードを入力または再入力します。
  8. OKを選択して、シングルユースパスワードを設定します。
  9. シングルユースパスワードを使用して、このアカウントでUIにログインします。
  10. 表示された画面で、このアカウントの新しいパスワードを設定します。
  11. ログアウトしてから、新しいパスワードでこのアカウントにログインして確認します。