c7000エンクロージャーを強制的に追加できない

症状

c7000エンクロージャーを強制的に追加しようとして失敗した後、エラーメッセージが表示された。

原因

不明。

アクション
  1. c7000エンクロージャーを強制的に追加しましたが、エラーメッセージを受け取りました。これは、VCModeセットがあり、Virtual Connect(VC)がエンクロージャーを管理している場合に発生します。構成の手動クリーンアップが必要です。以下の項目を調査してください。
  2. 管理URLが、まだアプライアンスを指している可能性があります。その場合は、エンクロージャーの最初のインターコネクトを指すようにリセットする必要があります。これを修正するには、次のsshコマンドを使用してOnboard Administratorに入り(管理者認証情報を使用して)、最初のアクティブなVCインターコネクトのIPアドレスを指すように管理URLを変更します。アプライアンスからエンクロージャーの関連付けを解除します。clear vcmode:アプライアンスからエンクロージャーの関連付けを解除します。restart interconnect N。ここで、NはVCインターコネクトのベイ番号です。エンクロージャー内のすべてのVCインターコネクトに対してこの手順を実行すると、インターコネクトがデフォルト構成に戻ります。ここで、Nはアクティブのベイ番号です。これにより、OAが最初のVCインターコネクトから管理URLを取得します。
  3. 手動で構成した後に、エンクロージャーを更新します。