インターコネクトの障害

症状

インターコネクトが故障しています。

原因

インターコネクトで障害が発生し、交換する必要があります。

アクション
  1. すべてのインターコネクトケーブルを抜き、インターコネクトをエンクロージャーから取り外します。
  2. 交換用のインターコネクトを挿入し、すべてのインターコネクトケーブルを再び差し込みます。
  3. アプライアンスにログインします。
  4. メインメニューから、ネットワーク > 論理インターコネクトの順に選択し、交換用のインターコネクトを含む論理インターコネクトを選択します。
  5. ビューのメニューからアクティビティを選択します。

    追加したインターコネクトのアクティビティがアクティビティのリストに表示されます。

    インターコネクトファームウェアのバージョンがサポートされる最小ファームウェアバージョン以上の場合、アプライアンスは、交換されたインターコネクトに論理インターコネクトグループを自動的に適用し、インターコネクトは使用できる状態になります。

    インターコネクトファームウェアがサポートされる最小ファームウェアベースライン未満の場合は、アラートが生成され、ステップ6に示すように、ファームウェアをアップデートする必要があります。
    注記:

    インストールされているファームウェアを表示するには、ビューセレクターからファームウェアを選択します。

  6. インターコネクトのファームウェアをアップデートします。ファイバーチャネルインターコネクトの場合は、以下を参照してください。FlexFabricインターコネクトの場合は、手順7に進みます。
    ファームウェアバージョンがHPE OneViewの最小バージョンより古いファイバーチャネルインターコネクトは、HPE OneViewで管理することはできません。HPE OneViewの外部のファームウェアをアップデートまたは削除するには、エンクロージャーを取り外す必要があります。ファイバーチャネルインターコネクトが最小バージョンより古い場合は、HPE OneViewからエンクロージャーを削除して、ファイバーチャネルインターコネクトを最小バージョンにアップデートします。または、HPE OneViewが管理するエンクロージャーからインターコネクトを削除してHPE OneViewが管理していないエンクロージャーに挿入し、ファームウェアを最小バージョンにアップデートします。最小バージョンの要件は、HPE OneViewサポートマトリックスに記載されています。
    • HPE OneViewからエンクロージャーを削除するか、ファイバーチャネルインターコネクトを物理的に取り外して、現在HPE OneViewが管理していないエンクロージャーに設置します。

    • Onboard Administratorまたは外部のDHCPサーバーを使用して、インターコネクトにIPv4アドレスを割り当てます。

    • HP SUMまたはVirtual Connect Support Utility(VCSU)を使用して、インターコネクトのファームウェアをアップデートします。

    • エンクロージャーをHPE OneViewに追加するか、HPE OneViewが管理するエンクロージャーにファイバーチャネルインターコネクトを戻します。

    • オプション:ファイバーチャネルインターコネクトでIPv6アドレスをサポートする予定の場合は、Onboard Administratorまたは外部のDHCPサーバーを使用してIPv6アドレスをインターコネクトに割り当てます。

  7. ファームウェアのアップデートについては、オンラインヘルプで「管理対象デバイスのファームウェアバンドルのアップデート」を参照してください。

    ファームウェアアップデートの進行状況は論理インターコネクト画面の上部に表示されます。アップデートが完了すると、アプライアンスは論理インターコネクトグループを自動的に適用し、インターコネクトは使用できる状態になります。