ウォームリセット時のメモリ消去の有効化または無効化

ウォームリセット時のメモリ消去オプションを使用して、ウォームリセット時にメモリが消去される時期を構成します。このオプションを無効にすると、ウォームリセット時のメモリ消去がスキップされ、起動時間を短縮できます。

手順
  1. システムユーティリティ画面で、システム構成 > BIOS/プラットフォーム構成(RBSU) > システムオプション > ブート時間最適化 > ウォームリセット時のメモリ消去キーを押します。
  2. 設定を選択します。
    • 有効—メモリはすべての再起動時に消去されます。

    • 無効—ウォームリセット時にオペレーティングシステムから要求された場合にのみメモリが消去されます。

  3. 設定を保存します。