表示するには、SPPのサポートステートメントをクリックしてください

Gen9 Service Pack for ProLiant (SPP)は、単一のISOイメージとして提供される統合されたシステムソフトウェアおよびファームウェアアップデートソリューションです。このソリューションは、展開ツールとしてSmart Update Manager (SUM)を使用し、www.hpe.com/servers/spp/documentationにあるService Pack for ProLiant Server Support Guideで定義されている、すべてのHPE ProLiant Gen9サーバー上でテスト済みです。

重要な注意事項:

SPP 2021.10.0以降、2つのSPPがリリースされています。1つはGen9製品用で、もう1つはGen10/Gen10Plus製品用です。

 

HPE StoreOnceのお客様 – SPPをインストールすると、StoreOnceシステムで問題が発生する場合があります。  HPEサポートセンターhttps://support.hpe.com/hpesc/public/home/result?qt=storeonceに移動して、適切なStoreOnceアップデートを見つけてください。 

G7およびGen8サーバープラットフォーム用のコンポーネントは、ポストプロダクションSPPで入手でき、www.hpe.com/jp/servers/spp_dlからダウンロードできます。 詳細については、Reducing Server Updatesを参照してください。 

注記:2015年11月1日にHewlett-Packard CompanyがHewlett Packard Enterprise CompanyとHP Inc.に分割される前に販売された製品は、製品名やモデル番号が現在のモデルと異なる可能性があります。

リリース概要:

2021.10.0 Gen9 SPP製品リリースには、ProLiantおよびApollo Gen9サーバープラットフォームとオプションをサポートするコンポーネントが含まれています。 このSPPリリースには、Smart Update Manager (SUM) 8.9.0および以下のドライバーサポートが含まれています。

  • RedHat Enterprise Linux 8.4
  • SUSE Linux Enterprise Server 15 SP3

 

2021.10.0 SPPリリースは2021.05.0 Gen9/Gen10 SPPを置き換えるバージョンです。

 

ISO上のコンポーネントの完全なリストについては、ISOまたはSPPページ(ドキュメントタブ)のSPPコンテンツレポートを参照してください。

ダウンロード

これらの製品をダウンロードすることにより、下記のエンドユーザー使用許諾契約の条件に同意したとみなされます。 一旦、お使いの環境にダウンロードされたイメージの使用についてはドキュメントを参照してください。

注記: HPEサポートセンターを経由してSPPにアクセスするには、ご自身のHPEパスポートアカウントを使用してログインしてください。Gen10/Gen10 Plus SPPをダウンロードするのに、アクティブな保証またはHPEのサポート契約は必要でなくなりました。さらに、以前のSPPのリリースにアクセスするには、HPEパスポートアカウントにリンクされた有効な保証またはサポート契約が必要です。詳細については、SPP Warranty/Support Agreement Validation document (英語)を参照してください。



SPPカスタムダウンロード

SPPカスタムダウンロードの作成 (英語)
カスタマイズされたダウンロードを作成するには、SPPをフィルターします。SPPサプリメントを追加するか、あらかじめ定義されたフィルターセットを選択するか、個々のフィルターオプションを選択してダウンロードサイズを減らしてください。

SPP ISO
OSサプリメント

このタブには、このリリース内に存在するか、このリリースで修正されることがわかっている重要なカスタマーアドバイザリ(CA)のみが含まれています。

 

ホットフィックス
解決済CA
未解決CA
既知の制限事項

現時点で報告する!Data.CATableTitle!はありません。

未解決CA

日付 CA番号 説明 修正されたSPPバージョン
2021/04/26 a00105898 (Revision) HPE ProLiant Gen9 Servers Running VMware ESXi 7.0 - SPP 2020.09.0 or SPP 2021.04.0 Do Not Support Online Firmware, Software or Driver Updates Future Release
2021/02/09 a00070783 (Revision) Linux - Smart Update Manager (SUM) Incorrectly Displays Server Platform Services (SPS) Firmware Component with a Failed Dependency on Certain HPE Systems Running Linux Future Release
2021/02/01 a00068235 (Revision) HPE Smart Array S100i SR - Systems May Display a "Smart Array Erase Status: Enumeration Failed" Message While Performing One-Button Secure Erase With HPE Smart Array S100i SR Gen10 Software RAID/HPE SR100i Gen10+ SW RAID Configured Future Release
2021/02/01 a00064443 (Revision) Red Hat Enterprise Linux 7.5 - HPE Gigabit Ethernet Adapters Are Unable to Receive Packets when Maximum Transmission Unit (MTU) is higher than 1500 with HPE Intel IGB Driver Version 5.3.5.19 Future Release
2021/01/19 a00110109 HPE ProLiant DL325/DL385 Gen10 or Gen10 Plus Servers - Memory Performance Optimization For Servers Configured with AMD EPYC 7002 Series Processors Future Release
2021/01/08 a00109807 HPE ProLiant DL385 Gen10 Server - System May Stop Responding Very Early During Power-On Self-Test (POST) if Configured with AMD EPYC Gen1 Processors and Running System ROM Version 2.42 Future Release
2020/12/02 a00108729 HPE Network Adapters - Incorrect Available Firmware Version 1.2658.0 Is Displayed For Certain Network Adapters After Using the Intel Online Firmware Upgrade Utility for VMware v3.13.12 Included In the Gen10 SPP Version 2020.09.0 Future Release
2020/11/25 a00108475 HPE Smart Update Manager (SUM) - Online Deployment of HPE SPP Firmware and Driver Packages to HPE ProLiant Gen9/Gen10 VMware ESXi Host Systems May Encounter a Deployment Error on SUM 8.5.7 (or Earlier) Future Release
2020/11/25 a00107842 (Revision)HPE ProLiant Gen9/Gen10 Servers - Unexpected SNMP Trap 11020 cpqHoMIBHealthStatusArray Change May Be Generated on Systems Running a Microsoft OS, HPE AMS for Windows x64 v2.30.1.0 (or Earlier) and With Unconnected Ports on FC/FCoE HBA Future Release
2020/11/19 a00107712 (Revision) HPE ProLiant Gen10 Plus Platforms - Systems Configured With 2nd Gen AMD EPYC Processors and Running a System ROM Version Earlier Than v1.38 May Experience a Bank 0x00000005 UMCE or an Uncorrectable PCI Express Error Future Release
2020/11/18 a00107106 (Revision) HPE ProLiant/Synergy Gen10 Systems - High IO Spikes May Be Observed Every 5 Minutes on VMware vCenter When Running VMware ESXi 6.7 U3/ESXi 7.0 Due to Agentless Management Service (AMS) Agent Against All Datastores Future Release
2020/11/16 a00108194 HPE ProLiant XL225n Gen10 Plus Server - RDE And Thermal Data May Be Missing When Booting Server With An HPE NS204i-t NVMe PCIe Boot Controller Future Release
2020/11/16 a00108193 ProLiant XL225n Gen10 Plus Server - System May Fail to Boot Into an HPE NS204i-t NVMe PCIe3 x4 OS Boot Device During a Reboot Future Release
2020/11/02 a00107228 HPE Integrated Lights-Out 5 (iLO 5) - HPE ProLiant XL230k Gen10 Servers in an HPE Apollo 6000 Chassis May Not Display All Six Power Supplies Future Release
2020/10/05 a00047502 (Revision) VMware - Remote Online Deployment Failure of Mellanox Firmware Smart Components May Occur on HPE ProLiant Gen9 Servers Running ESXi 6.5 / 6.7 / 7.0 And Configured With Certain Network Adapters When Deployed With Smart Update Manager Future Release
2020/09/18 a00037507 (Revision) HPE ProLiant DL325/DL385 (Gen10/Gen10 Plus) or ProLiant XL225n Gen10 Plus Servers - Windows Server 2016 Will Not Respond During Boot of Installation Media If IOMMU Is Enabled With AMD EPYC Processors Future Release
2020/09/11 a00004677 (Revision) HPE Intelligent Provisioning - Partition Attributes of the Recovery Partition May Be Set to 0xC000000000000001 Instead of 0x8000000000000001 in Intelligent Provisioning Version 2.40, 2.40 (B), 2.50 or 3.20 Future Release
2020/08/07 a00078623 (Revision) HPE OneView - Custom Firmware Bundle that Includes Virtual Connect Firmware Version 4.75 Will Not Function as Expected Future Release
2020/07/06 a00054065 (Revision) SUSE Linux Enterprise Server 12 - While Installing the HPE Intel i40e Drivers for SUSE Linux Enterprise Server 12, Depmod Warning Messages with Regards to the i40iw and i40e Driver May Be Displayed Future Release
2020/06/03 a00100645 Linux - HPE ProLiant DL20 Gen10 or HPE ProLiant ML30 Gen10 Running Linux May Not Enable Second Port for Embedded Network Adapter If Configured with Multiple HPE Ethernet 10/25Gb 2-port 621SFP28 or HPE Ethernet 10Gb 2-port 521T Adapters Future Release
2020/02/27 a00088204 (Revision) HPE ProLiant Gen9/Gen10 Servers - When Configured With Certain Network Adapters and Running the Service Pack for ProLiant (SPP) in Offline Mode, the Intel Firmware Component May Fail on Every Smart Update Manager (SUM) Launch Future Release
2019/10/09 a00071157 (Revision) HPE Gen9 Smart Array Controllers/Smart Host Bus Adapters - Disks May Go Offline on ProLiant Gen9 Servers Configured With Certain HPE Smart Array Controllers/Smart HBAs Running In a VMware vSAN Environment Future Release
2019/04/02 a00020204 (Revision) HPE Network Adapters - HPE QLogic NX2 Online Firmware Upgrade Utility Requires The HPE QLogic NX2 10/20 GbE Multifunction Driver For Windows Server Version 7.13.113.0 (Or Later) To Prevent a Firmware Upgrade Failure Future Release
2019/01/22 a00064663 Linux - Flash Engine on all Drive Smart Components for Linux Modify File Permission of an Embedded storcli RPM and any Subsequent RPM Verification on Drive Smart Component RPM will Fail and Block Smart Update Manager (SUM) Future Release
2018/12/21 a00062579 HPE Ethernet 10/25Gb 2-port 622FLR-SFP28 Converged Network Adapter - Firmware 8.35.43 Enables Additional Storage Functionality and Prevents Downgrades to Earlier Firmware Versions Future Release
2018/12/12 a00061900 HPE Ethernet Adapters - Intel E1R Driver for Windows Version 12.14.8.0 Download Does Not Include an Associated Compsig File for HPE Integrated Lights-Out (iLO) Repository Support Future Release
2018/10/18 a00058528 (Revision) HPE Network Adapters - On HPE ProLiant Servers Running Any Linux Operating System and Configured With Certain Network Adapters With Firmware and Boot Code Version 7.13.63 (Or Later), Jumbo Packets May Fail Future Release

情報については以下を展開してください SPPドキュメントSPPアップデート互換性、および関連付けられたWebページとドキュメント

 
SPPドキュメント
SPPアップデート互換性
関連付けられたWebページおよびドキュメント

SPPカスタムダウンロード

カスタムダウンロードは、コンポーネントのインストールの依存関係をチェックしますか?

いいえ。SPPカスタムダウンロードの使用に先立って、ダウンロードをカスタマイズする前に依存関係が満たされていることを確認するためにコンポーネント情報をチェックしてください。なお、HP SUMはインストールフェーズ中に依存関係をチェックします。依存関係が満たされない場合、HP SUMはインストール時に不足している依存関係があることを通知します。

SPPカスタムダウンロードページからどのようにダウンロードしますか?
  • SPPダウンロードリンクをクリックします
  • 適切なボタンを選択します
  • ビルド済みまたはベースのSPPタイトルの上にカーソルを合わせます
  • ダウンロードを開始するために右ボタンでダウンロードアイコンをクリックします
  • ブラウザーは保存または開くために提供する場合、保存を選択します
どのように自分のダウンロードを作成しますか?
  • SPPダウンロードリンクをクリックします
  • 適切なSPPを選択します
  • [新しいバンドルの作成]タイトルをクリック します(プラス記号タイル)
  • 該当する情報で[バンドルの構成]ステップを選択し、[次へ: フィルターの選択]ボタンを押して完了します
  • 必要に応じてフィルターを選択します(任意のカテゴリ選択は、そのカテゴリのすべてが含まれることではありません)
  • [ビルド]ボタンをクリックします
  • 選択されたコンポーネントのプレビューが表示されるので、[ビルドの適用]ボタンをクリックします
  • 適用時にビルドリクエストがキューイングされ、できるだけ早く処理されます
  • 選択した場合、ビルドの完了は新しいタイルまたはメール通知を介して表示されます
フィルターはどのように動作しますか?

SPP カスタムダウンロードは、コンポーネントごとに最も一般的なキーワードのリストを提示します。

  • カテゴリに基づいて結果をフィルターリングしないように選択すると、制限はそのカテゴリで作られません(例えば、[オペレーティングシステム]カテゴリで何も選択しないことはすべてのOSが含まれることを意味します。)
  • 一部のケースでは、コンポーネントがセクションでのキーワードの指定に失敗し、セクションがフィルタリングされていない場合のみ一致します。
  • セクションでは”未選択”とは"フィルターなし"の意味です

オフラインでカスタマイズ済みのダウンロードをインストールできますか?

はい。オフライン用に最も良い結果を得るには、すべてのLinuxオペレーティングシステムを選択してください。オフラインインストールは適用するコンポーネントが無いことを示しています。

何が起こりましたか?

Linuxが作成したダウンロードに含まれていません。オフライン環境は、LinuxベースのためLinuxコンポーネントが必要です。

SPPカスタムダウンロードはどのように入手できますか?

ダウンロードするものはありません。SPPカスタムダウンロードは、SPPをフィルタリングしてダウンロードするオンラインサービスです。

利用可能な出力形式は何ですか?

SPPカスタムダウンロードは、.zipおよび.iso形式のファイルを生成できます。

.isoファイルは、起動可能ですか?

SPPカスタムダウンロードは、ブート環境を含めるオプションとブート環境を除外してより小さなパッケージを作成するオプションを提供します。

SPPカスタムダウンロードは、HP SUMと互換性があるペイロードを生成しますか?

はい。SPPカスタムダウンロードが生成する成果物は、HP SUMのカスタムベースラインエンジンで生成されます。

SPPカスタムダウンロードは、HP SUMカスタムベースラインに置き換えられますか?

いいえ。SPPカスタムダウンロードは、ダウンロードする前にSPPをフィルターするユーザーに提供します。SPPカスタムダウンロードは、”連携テスト”の結果を保持するためにシングルSPPおよびそのサプリメントに基づいて提供する組み合わせのみ制限されます。

選択したSPPに属さないフィルターの選択がなぜ利用可能なのでしょうか?

フィルターオプションは、現在、SPPカスタムダウンロードサービスで実施されSPPのセット用に適切なフィルターの組み合わせを示しています。これを行うと、顧客は、保存しておいた後でいくつかの異なるSPPのバージョン上で再利用できるフィルターのセットを作成することができます。



全般

SPPオンラインとSPPオフラインモードの違いを教えてください?
  • オンラインモード - WindowsまたはLinuxホストのオペレーティングシステム上で起動
  • オフラインモード - サーバーはSPP ISOから起動(起動可能なISOの場合のみ)。
    オフライン自動モード - ファームウェアコンポーネントがユーザーの操作なしでアップデート
    オフライン対話モード - 画面上の指示に従ってファームウェアコンポーネントをアップデートするためにユーザーをガイド
SPPは、HP Smart Updateとどのように関連しますか?

HP Smart Update、は、包括的なテクノロジーのことであり、いくつかの製品が含まれます。HP SUMやSPPもその中のひとつです。HP Smart UpdateのWebサイトは、他の製品と同様に、HP SUM およびSPPのための「ワンストップショップ」ポータルとして機能します。

SPPとHP SUMの違いは何でしょうか?

SPPは、エンクロージャーのコンポーネントを含むProLiantサーバー、オプション、およびHP BladeSystem インフラストラクチャのためのファームウェアおよびソフトウェアコンポーネントを配布するメカニズムです。HP SUMは、SPPで配布されるコンポーネントを計画、スケジュール、および展開するために使用する展開ツールです。

何がSPPのリリースを決定しますか?

SPPのリリースは、年に数回発生する主要なProLiantサーバーのリリースにより決定されます。SPPはサーバーのリリースにより決定されますが、すべてのProLiantサーバーのリリースでリリースされない可能性があります。SPPは、サーバーのリリース以外でもリリースされる可能性があり、主要なProLiantサーバーのリリースと同期するSPPの配布サイクルには例外があります。

最終更新日 : 2022年4月20日